ハクビシン

駆除の今後

鳩の駆除にまつわるこれまでの歴史

昭和期から増えてきた鳩の被害により駆除業者や対策グッズが多く登場するようになるのです。少し変わった性質を持つ鳩は、常に同じルートで行動し、また行動ごとに場所を変えます。休憩や巣づくり、餌探しなど鳩の行動は大きな範囲に及びますから、高層建築物や駅などの施設にもその場所を構えるため駆除が必要になっています。駆除の歴史はそれほど長くなく、現在では専門の資格も確立されるようになってきています。ハトの駆除が本格的になってきたのは30年ほど前からで、ワイヤーや刺、また電気ショックを与えるようなグッズが登場したのも近年のことです。

害獣対策の今後について

これからも都市部においては高層建築が増えると見られていますから、鳩に対する対策や駆除の件数は増えるのではないかと見られています。鳩も賢く、学習能力がありますからこれまでに登場した駆除対策や追い払い方法に慣れつつあります。そのため、常に新しい駆除や対策方法を考案する必要があるため、現在主流となっているネットやワイヤーを使用した方法ではない方法が登場するだろうというのは、専門家によって予見されていることの1つです。また、電気を用いた方法は非常に人気が高く、また成功率も高いですから、今後は鳩の駆除には電気を用いたツールを積極的に使用するようになるのではと見られていて、より効率よく、またコストを抑えた対策が生み出されると見られています。